スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギアオイル交換

125EXCもようやく慣らしが終わったので

ギアオイルを交換することにした。



KTM125EXC_046




ギアオイルには特にコダワリがないので

値段も手頃のヤマハのギアオイルを今回は使う。



KTM125EXC_047




ギアオイルを抜くのに当然ドレンから抜くのだけど

125EXCには左右1個ドレンボルトが付いてる。



とりあえず今回は右側からオイルを抜く。



KTM125EXC_048




バイクのスタンドは左についてるから当然バイクはスタンドで

左に傾いている。

それで右側のドレンから抜くのだから、

オイルがきれいに廃油受けに垂れない。



フレームとスキッドプレートの間にオイルが・・・

すぐに右側に倒して被害は最小限で済んだが、ビックリした。



やはり左のドレンから抜くのがセオリーなのかな?



とりあえずオイルを抜くだけ抜いた。

でも右側のドレンも開けてみたかったから、開けてみたよ。



KTM125EXC_049




ぬぉぉ・・・オイルが・・・



KTM125EXC_050




こっちからもオイルが出るということは、キチンとオイルを抜くには

左右のドレンは必要なんだな。



でも正直、左側の方がオイルを抜くのが難しい。

少し上の方についてるから、オイルが右側以上に

もろにフレームとスキッドプレートの間に落ちてしまう。。。



そそ、もう一つ発見。

左側のドレンボルトにはマグネットが付いてる。

やはりオイル交換の時にはコチラも開けて整備することが大切だろうな。



KTM125EXC_051




こんなに鉄粉が付いてました。

ちなみにこの左側のドレンボルト13ミリでした。

ここでも13ミリ登場です。



KTM125EXC_052




キレイに清掃するとこの通り。



後は、ギアオイルを0.7l入れれば作業完了です。



KTM125EXC_053




ギアオイル入れすぎ注意。

写真のボルトを外してオイルが出たら満タンの証拠。

レベルゲージは無いのでオイルの微量はココで見ます。



さて、ギアオイル交換完了。


早くまた走りに行きたいな~





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ワルハタ

Author:ワルハタ
FC2ブログへ引っ越してきました。
以前のブログでは「はっちー」と名乗ってきましたが、FC2ブログでは既にこのブログネームが使われてる様子・・・
そこで、「ワルハタ」と改名しました。

妻あり、子ひとり、住宅ローンあり、お小遣い月1.5万円のビンボーライダーですがよろしく。 :゙;`;:゙;`;・o(ロ≦〃)
JNCC COMP-Aクラスで下の方を走ってます、レースで見かけたら声かけてね!

最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
567位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。