スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KTM125歴代モデル

2011年モデルのKTMは一つの進化がありましたね

それはもちろんリンク付きのリアサスペンションの登場の事です

4サイクルのSX(モトクロッサー)のみの採用だったけど

KTMのエンデューロモデルの開発のスタイルとして

来年には4サイクルのEXCもリンク付きリアサスを採用するんじゃないかと

普通に思っちゃいますよね~

フレームも新たになったし、エンジンもインジェクション採用など

ここはモデルとしての大きな転換期なのではないかと思います

2サイクルモデルはというと、PDSを採用し続けそうです

まぁ、オイラとしてはうれしい限りです

PDSが好きっと言うわけじゃないけど、リンクレスのメンテのし易さに慣れてしまうと

リンク式サスのメンテなど、本当に面倒に思えちゃうのです

まぁ堕落した人間なので楽なほうに吸い寄せられちゃいます・・・


で、そんな転換期を迎えているKTMですが

2サイクルモデルの歴史をまた振り返ってみようかと・・・

2008年に同じようなネタを載せてみましたが、もう一度やります

何故冒頭で4サイクルモデルを語って

振り返るのが4サイクルモデルじゃないのか?っていう突っ込みはやめてね

それは2サイクルが好きだからです、ハイ


で、その中でも125ccモデル、しかもエンデューロモデルを対象に振り返ってみます


125GS_1973.jpg
125GS 1973年モデル

125GS_1984.jpg
125GS 1984年モデル

125GS_1986.jpg
125GS 1986年モデル

125GS_1989.jpg
125GS 1989年モデル

125exc_1992.jpg
125EXC 1992年モデル

125exc_1993.jpg
125EXC 1993年モデル

125exc_1994.jpg
125EXC 1994年モデル

125exc_1996.jpg
125EXC 1996年モデル

125exc_1997.jpg
125EXC 1997年モデル

125exc_1998.jpg
125EXC 1998年モデル

125exc_1999.jpg
125EXC 1999年モデル

125exc_2000.jpg
125EXC 2000年モデル

125exc_2001.jpg
125EXC 2001年モデル

125exc_2003.jpg
125EXC 2003年モデル

125exc_2004.jpg
125EXC 2004年モデル

125exc_2005.jpg
125EXC 2005年モデル

125exc_2006.jpg
125EXC 2006年モデル

125exc_2007.jpg
125EXC 2007年モデル

125EXC_2008.jpg
125EXC 2008年モデル

125exc_2009.jpg
125EXC 2009年モデル

125EXC_2010.jpg
125EXC 2010年モデル

125EXC_Sixdays_2010.jpg
125EXC 2010年Sixdaysモデル

125EXC_2011.jpg
125EXC 2011年モデル

125EXC_Sixdays_2011.jpg
125EXC 2011年Sixdaysモデル


さぁ、KTMモデルを振り返ってみましたが、一つ重要な転換期がKTMにあったのはご存知でしょうか?

まぁ、KTMに詳しい方なら分かる事ですが

じつはKTMって1992年に倒産してるんですよね

で、その後分社化されてバイクの部門は1994年に復活するのですが

ところが1993年にEXCはフルモデルチェンジを行うわけです

会社がグラグラになっている中でそうした事を行ったという

このモデル開発への熱意って凄いですよね

またその後のKTMという会社の発展がすばらしいです(現在に至るのですが)


オイラは旧共産主義国の会社、または製品なんてろくでもないと偏見をもってました

旧東ドイツのトラバントなんてクルマを見るとね・・・

でもそれは間違いで、オーストリアには真面目で優秀な職人が多かったんでしょうね~

KTMは本当に素晴らしい工業製品を作り続けていると思います

まぁそういう時代背景を考えながら歴代モデルを振り返ると面白いですね


で、ご存知のとおり125SXは2011年でフルモデルチェンジを行いました

恐らく2012年の125EXCはこのSXのプラットフォームを採用すると思います

そこで勝手に125EXCの2012年モデルがどのようになるか想像してみました

125EXC_2012.jpg

たぶん、こんな感じになるんじゃないかな~


ところで2サイクルモデルと言うと、

一時期環境の問題で無くなってしまうのでは?っと危惧されてましたが

各ヨーロッパメーカーは開発を今後も続けていくようで

2サイクルファンのオイラとしてはうれしい限りです

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

リンクサスにはなって欲しくないですね~
整備性もですが、明らか型落ち感が増してしまいます(笑)

最近エンデューロではどんどん2Stがどこに行っても増えてきてる気が‥
こないだもお友達だけWRでチビテクランドに来てる他全員2Stやったりしましたから(笑)
いつまでも4Stなんか乗ってたらあきませんよ~なんて言いながら(^_^;)
もうすぐJNCC開幕戦ですね!
お会いできたらいいなぁ

初コメ

アメリカはまだまだ2st率高しですよ。日本だとこの先供給が細っていく一方だからこっちでゴロゴロしてると買って帰れば売れそうだなとか考えてしまう。

しかしKTMって昔はずいぶん様子が違ったんですね。私のイメージからすると今のKTMらしさが見え始めるのはそれこそ1998年ごろか。カラーリングのせいかもだけど。こうやって並べて見る事はなかなか無いから大変興味深いフォト年表でございました。

Re: こんばんは

Hayashiさん、ご無沙汰してます。

> リンクサスにはなって欲しくないですね~
> 整備性もですが、明らか型落ち感が増してしまいます(笑)

昔はリンク式のサスの方がしっとりしてて好みだったけど
PDSもなかなか高性能なので(普通のサスじゃダメだけど)今はこっちが好みですね~


> 最近エンデューロではどんどん2Stがどこに行っても増えてきてる気が‥

やっぱり、小さくて高出力なエンジンはオフロードに合うんですよね~
だから2サイクルエンジンはお手軽なんですよね、設計も簡単だし
トライアルも最近ではまた2サイクルが増えてるみたいだし
プロライダーは別にして、2サイクルエンジンの方がOHも4サイクルに比べて簡単だし
我々のようなファンライダーは普通に2サイクルに行っちゃうよね


> もうすぐJNCC開幕戦ですね!
> お会いできたらいいなぁ

そうなんですよ、もうすぐJNCC…
でもまだバイク復活への道のりが遠くて…(125EXCも放置プレイ中)
どこかは決めてないけど最低でも2戦ぐらいは出るつもりですので
よろしくお願いします

今年はJEC-EASTも気になりますね~

Re: 初コメ

おー
かおりんも見てたか、このブログ…

> アメリカはまだまだ2st率高しですよ。日本だとこの先供給が細っていく一方だからこっちでゴロゴロしてると買って帰れば売れそうだなとか考えてしまう。

やはり外人は質実剛健な精神が染み付いてるんだな
4サイクルの方が基本的にイニシャルコストもメンテナンスコストも2サイクルに比べて高いから
ファンライドを楽しむ人からすると普通に2サイクルを選ぶんだな~

おぉ、バイクいっぱい買って帰りなよ
アメリカはガレージ付きの家が多いから、彼らのバイクの保存状態って良いんだよね~
結構昔のバイクなんかがピカピカで見つかったりする
もし日本にバイク持ちかえるなら前もってガレージ発注しておいた方がいいぞ
売ること考えるなら2台以上持って帰るんだろうしね


> しかしKTMって昔はずいぶん様子が違ったんですね。私のイメージからすると今のKTMらしさが見え始めるのはそれこそ1998年ごろか。カラーリングのせいかもだけど。こうやって並べて見る事はなかなか無いから大変興味深いフォト年表でございました。

オイラがKTMを初めて知ったのは1989年頃のモデルからだね
白いボディーに赤い(ホイールの)ハブが印象的だったな
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ワルハタ

Author:ワルハタ
FC2ブログへ引っ越してきました。
以前のブログでは「はっちー」と名乗ってきましたが、FC2ブログでは既にこのブログネームが使われてる様子・・・
そこで、「ワルハタ」と改名しました。

妻あり、子ひとり、住宅ローンあり、お小遣い月1.5万円のビンボーライダーですがよろしく。 :゙;`;:゙;`;・o(ロ≦〃)
JNCC COMP-Aクラスで下の方を走ってます、レースで見かけたら声かけてね!

最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
521位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。