スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキのメンテナンスでも・・・

徐々に色んな事が忙しくなってきました

30代って20代と違って自分を取巻くStakeHolderという者達の存在の影響が大きいのです

若い頃に想像した以上に窮屈であります(得られるものも大きいですが)

さて、通勤スペシャルのXR100Mですが…

101017_01.jpg

えぇ、相変わらず可愛いバイクです

いやいや、そうじゃなくって

最近ブレーキの調子が悪いんです

症状はこんな感じ

タッチはしっかりしてるが、硬く

握る強さでジワリとブレーキが効くのではなく

ある所を境にガツンと効く、それまであまりブレーキが効かない


まぁ、なんとなく思い当たる原因はわかります

恐らくブレーキピストンの動きが悪いんだと思います

じゃぁ、何で動きが悪いんだ?っと言うと

まぁ一言に、メンテナンスを怠っているからです


ブレーキってどんなタイミングでメンテします?

オイラは大体がブレーキパッドの交換時とかです

まぁ、タイヤ交換でホイールを外す時に軽くやったりしますケド…

あくまで軽くです


で、まぁあまりにも乗りにくいのでメンテする事にしました
(ズボラな主人でXR100Mは不幸な奴です)

101017_02.jpg

まずは外から点検

汚れているもののホースの劣化やオイル漏れとかなさそうです

あったらすぐわかるか…

で、早速キャリパーを外します

101017_03.jpg

101017_04.jpg

う~ん、やっぱりピストンが相当汚そうです

では、ブレーキパッドを外しましょう

101017_05.jpg

KTMのメンテに慣れてしまうと

この重厚な固定方法が面倒に感じます

ピンが2本もある…(まぁ、普通ですよね)

101017_06.jpg

たとえ面倒でも、これが長期に使用したとしても

トラブルが起きないよう工夫された固定方法なんですよね~

メンテは簡単だけど、メンテサイクルが短いのが良いのか

それともメンテは面倒だけどメンテサイクルや耐久性を重視するのかの差ですかね

XR100Mはその性格、またそのユーザーの性格を考えると耐久性重視なんですね

日本車の場合、それが至極普通ですけどね


しかしオイラとしては耐久性は確かに高い方が良いけど

あまり高すぎるとちょっと不安になります

贅沢な悩み?

何故って…

101017_07.jpg

101017_08.jpg

このブレーキパッド、どの位使用してると思います?

もう15,000キロ以上ですよ!

まだこんなに溝がある…

えぇ、買ってから一度もフロントのブレーキパッドを交換した事無いんです

だって点検すると、まだ溝があるし、いいかなって思ってたんで…

でもバイクを買って5年が経ち、15,000キロ以上走ってこの状態はちょっとビックリです

初めての経験です

すげーブレーキパッドだな

だからと言ってブレーキが効かないわけじゃないんですよ


一体どこのブランドがこんな高耐久性のブレーキパッドを作ってるんだ?

って確認したら

101017_09.jpg

NISINでした

流石…Made in Japan

通勤に使うならかなりベストな商品です


さて、ブレーキのメンテに戻りますが

ピストンがかなり汚れてたので

取り出す事にしました

ブレーキレバーをにぎにぎして油圧でそのまま押し出します

101017_10.jpg

キャリパー側も相当汚いな

オイルシールの替えを持ってなかったので

シールに気を使いながら丁寧に汚れを落とします

外したピストンはこんな感じ

101017_11.jpg

動きが悪いわけだよね

十分汚いです

ピストンを取り出した時に当然ブレーキオイルもこぼれます

それはバケツでキャッチします

101017_12.jpg


キャリパー側は中性洗剤を使って洗浄、結構汚れが落ちました

101017_13.jpg

101017_14.jpg

これだけ落ちればOKかな~

ピストンも磨いてここまで綺麗になりました

101017_15.jpg

厳密に言うとまだ汚れが残っているんですが

例えばこのまま研磨剤などを使ってゴシゴシすると

当然汚れは落ちると思うんですが

落ちても今度はピストンの表面が均一じゃなくなる場合があるので

そうなるとキャリパーに戻した時に

オイルシールとの間に隙間が出来てオイル漏れの原因になったりします

なのである程度汚れが落ちらそれで良しとオイラはしてます


さて、ピストンをキャリパーに戻し、ブレーキオイルを入れたら終わりです

101017_16.jpg

ブレーキオイルはいつものこちらのオイル

ホンダ純正のDOT4です

101017_17.jpg

初めはこれでもか!ってくらい空気がキャリパーの中に入ってます

いわゆるエア抜きを行うんですが

スコスコブレーキレバーを握ってもエアは出てきません

初めはゆっくりと握って戻してを繰り返すのがコツです

そしたら泡がマスターシリンダーの方に出てくるので

ある程度タッチが出たら、普通のエア抜きの要領で空気を抜けば終わりです

101017_18.jpg

オイラは今回のエア抜きに20分ほどかかりました


さて、ブレーキの問題は改善されたかな?

早速試乗に…

う~ん、Good Job!

バッチリでした

タッチも効きも改善してます

で、リヤブレーキのメンテは?

メンテやりませんよ、問題無いんで今の所…

やっぱり可愛そうなXR100Mなのでした

スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ワルハタ

Author:ワルハタ
FC2ブログへ引っ越してきました。
以前のブログでは「はっちー」と名乗ってきましたが、FC2ブログでは既にこのブログネームが使われてる様子・・・
そこで、「ワルハタ」と改名しました。

妻あり、子ひとり、住宅ローンあり、お小遣い月1.5万円のビンボーライダーですがよろしく。 :゙;`;:゙;`;・o(ロ≦〃)
JNCC COMP-Aクラスで下の方を走ってます、レースで見かけたら声かけてね!

最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
976位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
448位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。