スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりシビレるぜフサベル!

EWC R3イタリア大会の映像をみました?

エンデューローはやっぱり格好良いよね~

ナニ?あのテクニックの凄さ! 

いろんな要素があって、もうオフロードの総合格闘技的な感じするよね?

まぁEWCの映像はいろんなところで落ちてるんであえてここで紹介しないけど

見てない人はWebで探して見てね

さて今回フォーカスしたいのはまたまたフサベルなのですよ

すみませんねぇ毎度で、なんか気になるんですよね、ここのバイク

あの青と黄色のバイクが好きなのかな?

そういえばハスクに興味が出たのも青と黄色のデザインになった頃だったな

まぁ、あれはスウェーデン カラーといったもので

ハスクももともとは(チェーンソーは今でも)スウェーデン企業だったので

そうした色使いのバイクだったんだろうね(その色使い始めた頃は既にイタリア資本だったけど)

今のハスクはイタリア経由(MVアグスタ)を経て、ドイツ(BMW)資本の会社になっちゃったね

フサベルはハスクから抜けたエンジニア集団が独立して作ったスウェーデン企業だけど

そのフサベルも今やオーストリア(KTM)資本で運営されてますね

そしてフサベルは今までどおり斬新な技術を使いながら、多くの部品をKTMからOEMされて作られてる

TE250なんてのは基本まんまKTMの車体だもんね

だからまぁ、TEに関してはパッ見あたらしいものはないんだけど

やっぱりあの青と黄色のボディーにやられちゃうんだよね


前置きはこのくらいにして

フサベルをフォーカスしたEWC R3イタリア大会の映像を見てください



もう、超かっちょいい~

あんなスピードでは走れませんが、やっぱり次はTE250行っちゃいたいなぁ~っと

ただ買うとなると今の125EXCを手放すのが条件となるので

ウチのカミさんにはちょくちょく相談してるが

125EXCはあれはあれでとっても可愛いバイクなんだよね~

KTMは手放したくない、がTE250も欲しい、悩みます・・・

そして買う時期逃すんだろうなきっと・・・
スポンサーサイト

親子で楽しむ理想のバイクライフとは?

30代後半になり、ようやく?あらら何時の間に?

名実共に親父(オヤジ)になってしまいました

生涯の趣味はバイク遊び!と決めてしまった以上

最近では、親子で一緒に(モータースポーツとして)バイク遊びができたら

それはそれは楽しいことだろうなぁ~と思うのです

いえいえ、決して子供をダシにバイク遊びの継続計画を狙ったものではありません

ただ純粋にそう思うのですよ

でもどうしても親のエゴというか強烈な志向というか・・・

子供のバイク遊びもオフロードじゃないと!って思うのです

いや、そうじゃないと困るんだよね

だってオイラ、ロードバイクの方はまったく興味無いので・・・(その昔、散々峠小僧やってましたが)

でもまぁ、どうしても親の趣味に子供が振り回されるのは仕方が無いよね~

いやね、もちろんロードバイクを好きになっても良いんだけど

ロードバイクのスピードとスリルは、簡単に命を落とすリスクが増してしまうので

オフロードバイクで安全にライディングの基礎を身につけて欲しいというのが本音なのですよ

ロードバイクでの遊びはお金がかかるから父ちゃん大変なんだよ~なんて事ではないですよ~たぶんね・・・


それでもオフロードは安全で尚且つスリリングなスポーツライディングが気軽に体験出来るので

本当にすばらしいモータースポーツだと思うのだ

これはオイラの中では揺るぎない信念でもある

だからこの楽しさを子供にも伝えたいのよね~親のエゴで!


で、最近イギリスで行われたBRITISH YOUTH ENDURO 2011 R3の様子を

大好きなYoutubeで見ました



子供達がKTMでブイブイ走ってる、もちろんサポーターはお父さんお母さん

日本でもこんな感じで親子で楽しんでいるライダーがオフロードコースや、JNCCなどの大会で多く見かけます

こんな感じが本当に理想です

とはいうものの、本人に興味が無ければそれまでですが・・・

ただ、どうやって子供に(洗脳)教えこむのかね?

誰か教えてくれ!

通勤スペシャルKLX125の修復 その後

KLX125のOリングが手に入りました

110519_04.jpg

もうしばらく行く事は無いであろうレッドバロンに別れを告げ

家に帰ってこのOリングを早速取り付けます


オイラのKLX125のエンジンには既にエンジンオイルが入っていて

このままフィルターカバーを外すとエンジンオイルが駄々漏れてしまいます

しかし正しい交換手順としては、一度エンジンオイルを抜いて(オイル ボトルに溜めておく)から

フィルターを外し、Oリング交換後、抜いたオイルを入れ戻すか新品オイルを入れなおす必要があるのです

でもそんなの面倒だよね?

オイラはもっと短時間で効率的な方法で交換します

まずバイクを倒して待つ事2~3分

110519_05.jpg

そうするとエンジンオイルが反対側に寄ります、そうしたところでフィルターカバーを外すと

オイルも漏れずエンジンオイルが入ったままフィルター交換が出来ます

まぁ、オイル交換しないでオイルフィルターだけ交換することは無いと思うけどね

今回はOリングの交換なのでこの方法が手っ取り早くていいのです

110519_07.jpg


オイルフィルターって概ね他のバイクと共通部品だったりするんだよね

KLX125の場合はXR250やスーパーシェルパ、KLX250などと同じ部品だったりします

なので、ホンダのXR250の純正部品とかでも安ければそっち買っても問題ないんだよね


取り外したフィルターカバーは液体ガスケットのせいでカスがいっぱい付いてました

110519_08.jpg

でも液体ガスケットのおかげで大きなオイル漏れは無かったけど・・・

さ、そのカスをちゃんときれいにして新しいOリングを取り付けますよ~

110519_09.jpg

Oリングもバイクと同じタイ製です

しかもフィルターカバーの溝に外側いっぱいいっぱいでハマル感じです

110519_10.jpg

110519_11.jpg

もしかしたらOリングはオイルフィルター交換時には毎回交換が必要かもしれないね

Oリング複数頼んでおいて良かったわ

取り付けもスムーズでその後のオイル漏れもなし、とりあえずトラブルシューティング完了です

110519_06.jpg


バイク雑誌GARRRについてた付録で、グリップパッドを持ってるのを思い出したので

最後にそいつをKLXに取り付けてみた

110519_12.jpg

110519_013.jpg

KLXの修理はこれにて完了です

懐かしい!!

大阪のとあるレストランで・・・

110519_01.jpg

大量のバイク雑誌を発見

バリバリマシン!?

110519_02.jpg

懐かしー!!

今は見ないよね~こういう若者達

110519_03.jpg

ここに載ってるライダーも今やいいオジサンになってるんだろうなぁ~

個人的にノスタルジーです

通勤スペシャルKLX125の修復

ご無沙汰してます

震災後、まだどうも気持ちが下がりっぱなしなのです

福島県が大好きだからでしょうか、原発の問題に心痛めてます

とは言うものの、何か出来るわけでもなく・・・

ただただ落ち込んでても仕方がないので、3月末あたりにコケて負傷した

通勤スペシャルKLX125を直す事にしました


いやぁ~アスファルトでズササーっと転んだのは何年ぶりだろうか?

ダンディー加川さん並に寝かしこんだKLX125のステップから飛び散る火花を見ながら

「あぁ、ボディーがズル剥けしちゃってるんだろうな~」っと脳裏に浮かびながらバイクと体が共にスライディング

バイクと一緒に止まった後、バイクを起こしてみると見た目にはそれほどダメージはありませんでした


で、なんでコケたのかと言うと、裏道走ってて前を走る車が非常に遅くてイライラしてたんですよね

で、その裏道に沿った形で大きな駐車場があって、それを利用して追い抜きかけようと思ったんですよ

そしたらその駐車場の10cmぐらいの段差がKLXの後輪だけ乗り越えられず

ズリズリ行っちゃったわけです

なんとなく想像付きます?

通常段差を乗り越えるにはその段差と直角に入ると楽に乗り越えられますよね?

水平に近い角度で入ると、タイヤが持ってかれちゃうんだよね、些細な段差でも

まぁ、こけた時は恥ずかしいやらで・・・

怪我はないけど、その時はいてたオーバーパンツとハンドルにつけてた防寒カバーが駄目に・・・


バイクの方はというと、フロントフェンダーが少し削れたのと、フロントブレーキバーのエンドの玉が飛んだのと

スロットグリップ破損、ハンドル多少ねじれと言ったところです

110513_02.jpg

110513_03.jpg

110513_04.jpg

シュラウドとか無傷だったんだよね~

スライディングしてる中でもハンドルを一定の角度で握ってたからかな~

それで見た目普通だし、普通に乗れるしでしばらくこれで通勤してました、ハイ

でもやっぱり、スロットルは乗ってても気になるところではあるので

リペアをかねて、メンテ&ドレスアップする事にしました

110513_01.jpg


買ったのはこちら

110513_07.jpg

DRCのブレーキ・クラッチのショートレバー、プロテーバーのSEハンドルバー(ホンダミニ)
CR純正の左右ハンドルグリップ、ZETAのスロットルチューブ、デイトナのオイルフィルター
ヤマハのエンジンオイル(ヤマルーブ スポーツ)

とりあえず、アスファルトで転んで、擦り傷がこの程度で済んだのは何故か?を検証してみます

といっても、バイクをブッ倒すだけですが・・・

110513_05.jpg

う~ん、なるほど

やはりハンドルがある程度一定の角度に保たれてて、なおかつオイラの右足があったおかげで

バイクのボディー全体を守ったんだな~

スロットルチューブの破損は、恐らく仕方のないレベルだとは思うけど

110513_06.jpg

グリップのワイヤリングをやってたら少しは良かったかもしれないな~

純正ハンドルは弱いと聞いてたけど、見事ねじれてます

ノーマルハンドルなんてこんなもんだよね

さて、検証はこのくらいにして、さっさと部品を交換しちゃいます


え~交換部品のメインはハンドル周りですね

ささっとノーマルハンドル外しましょ

う~ん、こういう事って日本車全般に言えることなのか、それとも低価格バイクに共通する事なのか

わからんのだけども、固定ボルトのサイズがマチマチで面倒です

何でクラッチホルダー(10mm)とブレーキホルダー(8mm)のボルトサイズが違うんだよ!110513_09.jpg

しかもこのクラッチホルダー、信じられん事にワンピース構造だ・・・

110513_08.jpg

つまりクラッチホルダーの交換の際には必ず左のハンドルグリップも交換になるって事

なんというメンテナンス悪な構造なんだ

ハンドルグリップはCR純正を選んで正解だったな

このCR純正ハンドルグリップ、オフロード長く乗ってる人は知ってるかもしれないけど

価格で見るとかなりパフォーマンスが高い製品です

ハンドルグリップにはレンサルとかプログリップとか他のメーカーからも高性能な製品はあるけど

このCR純正グリップは左右単体で購入できるばかりか、ひとつ700円という低価格です

しかも使った感じもいいんですよ、お勧めです

さて、左のハンドルグリップを引き裂いてクラッチホルダーを取り出します

110513_10.jpg

そしてブレーキホースのラインをプライヤーで外してようやくノーマルハンドル取り外し完了です

110513_11.jpg

交換するのはプロテーバーのSEバーです、オイラはホンダミニを選びました

出来るなら、ハンドルにスタビが入ったバーじゃなくて、ファットバー(テーパーバー)の方がカッコいいし

それこそプロテーパー入れてる意味があると思うけど

まぁ色々と部品を追加しないといけないから今回はこれで我慢

そそ、このハンドルバー、結構親切なんですよ

自分好みにハンドルバーエンドを切断したい時でもメモリを記してくれてるので楽ですし

110513_12.jpg

ハンドルの角度もメモリを記してくれてるので角度調整しやすいです(+0.8くらいに調整しました)

110513_13.jpg


DRCのブレーキレバーですが、思ったほどショートな感じじゃないよね~

操作する時はブレーキもクラッチも指は1本しか使わないからもう少し短くても良かったなぁ~

110513_14.jpg

ホントはZETAのピボットレバーが欲しかったけど、値段もするし

まぁ、今回購入してレバーのスペアが出来るので、こちらはまた今度で・・・


最後にスロットルチューブを交換してハンドルグリップ取り付けて完了っと

今回はちゃんとハンドルにワイヤリングしときました

110513_15.jpg

110513_16.jpg


おまけで、オイル交換とオイルフィルターを交換したよ

でもここで問題が・・・

オイルフィルターを交換するため、まずエンジンオイルを抜いたあと、バイクを倒して
(別に倒す必要ないけどオイルがあふれるからいつも倒してます)

110513_17.jpg

110513_18.jpg

オイルフィルターのカバーを外すと、Oリングが伸びきってる・・・

110513_22.jpg

110513_21.jpg

とりあえず新品のフィルターに交換してカバーをつけてみるも

伸びきったOリングのせいでうまく収まらない・・・

う~ん、Oリングなんて使い捨てパーツだからな、しかし今スペア持ってないぞ・・・

考えた結果、ちょと切って溝に収まるようにして、その上から液体ガスケット塗って

エイヤ!って戻しちゃいました

110513_23.jpg

で新品オイルを入れると・・・大丈夫っぽい・・・

110513_19.jpg

しかしエンジンかけて油圧が上がると・・・漏れてくる(T T)

当然そうだよね、わかってたんだよ本当はね、グスン


仕方がないので、バイク屋へ

っといっても近くにカワサキのお店がないんだよね~

いつもお世話になってる近所の小さなバイク屋はヤマハ系でカワサキのパーツ取る場合は

一律800円の手数料がかかっちゃうんだってさ

Oリングって1個200円だから800円の手数料は高いなぁ~

カワサキのHPを調べると、近くのレッドバロンがカワサキ正規店となってる

じゃぁ、レッドバロンでOリング注文するか!

まずパーツリストをネットで見てパーツ番号控えておこう

クルマでいざ出陣

レッドバロンで部品は無事注文できました、今後の事も考えてOリング3つ注文しました、それでも600円

ところが少し気になる事をお店の方に言われました

「基本的にレッドバロンで購入されたバイク以外の部品注文は受け付けてないので、次回からパーツ注文される場合は他のお店でお願いします」っと・・・

え~、なんとも商売っ気のないことを・・・

それなら他のパーツもお願いすればよかったな・・・

次回パーツを取りにレッドバロンに入ったら、当分レッドバロンに行くことは無いだろうな~

韓国製のヒョンスンとかいうあまり目にしないバイク置いてて楽しいんだけどねレッドバロンって

とにかくそのOリングが届くまでしばらくKLX125はお休みです
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ワルハタ

Author:ワルハタ
FC2ブログへ引っ越してきました。
以前のブログでは「はっちー」と名乗ってきましたが、FC2ブログでは既にこのブログネームが使われてる様子・・・
そこで、「ワルハタ」と改名しました。

妻あり、子ひとり、住宅ローンあり、お小遣い月1.5万円のビンボーライダーですがよろしく。 :゙;`;:゙;`;・o(ロ≦〃)
JNCC COMP-Aクラスで下の方を走ってます、レースで見かけたら声かけてね!

最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
567位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。