スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダカールラリー トークショー 2011に行ってきました

先週の日曜日、子供の面倒も見ずに

ダカールラリートークショー2011を見に東京ビッグサイトまで行ってきました

この日のトークショーのスケジュールはこんな感じ

9:30~12:00 第1部 世界のラリーで活躍するライダー達
13:30~16:30 第2部 ダカール・ラリー2011トークショー

第1部は恐らく、ファラオラリーとかBAJA1000とかに出場したライダーの体験談とかかな~?

っと思ったので第2部だけ見に行く事にしました

今回一緒に見に行ったのはmixiのお友達

駅で待ち合わせして会場に向かいます

110220_01.jpg

とてもシンプルな会議室でそのトークショーは行われていました

受付で抽選番号(恐らくプレゼントの)をもらって中へ

会場は約70名ほどの人が集まってました


出入り口付近にチーム菅原HINOのアルゼンチン~チリ・ダカールラリーのトロフィーがありました

そしてラリーで使われたコマ図

110220_02.jpg

110220_03.jpg


今はもうラリーというイベントには出てないけど

昔々TBI 「ツール・ド・ブルー・アイランド」というSSERさん主催のラリーに出た事があります

たしか8回、9回、13回大会だったかな?3回出ました

その時に使ったコマ図とほぼ同じですね


本来TBIは国内にいながら海外ラリーの疑似体験が出来ることを目的としているので

当然なのか知れないけどね

なんかコマ図見ると昔出たTBIの熱い気持ちが込み上げます


さて、トークショーに戻りますが

とってもアットホームな雰囲気で第2部が始まりました

まずは簡単なコース説明から・・・

アルゼンチンをスタートしてチリを回り再びアルゼンチンへ戻るコースで

概ね去年と同じ流れなようです

110220_04.jpg

110220_06.jpg

アルゼンチンでは難所は少なく、フラットなところが多いらしく

みんなぶっ飛ばすのでかなりハイスピードなSSだったようです

菅原さん曰く、トラックでは転倒を避けるためクラスごとに最高速のスピード規制をしているようです

HINOのトラックでは最高速度が時速150㌔まで

カマズなんかだともっと速いようで・・・

フラットと言えどもダートに変わりない、そこをカマズみたいなデッカイトラックが時速150㌔以上で走るとは

凄い世界だと改めて思うね~ (あ~カマズってロシアのトラックメーカーです)

110220_05.jpg

今回もラリーの大きな分岐点はチリ側のコースだったようで

アンデス山脈を越えるとそれはそれは厳しいコースが続いたようです


ランクルのチームも色々とドラマがあったようで

楽しい話がどんどん出てきます

BMWの油圧ジャッキは良いアイディアだ!とか

転倒して起こしてもらう時に車体にダメージが少ないように、フックは屋根にも付けるべきだとかね

110220_08.jpg

そんなノウハウは我々には役に立ちませんが

まるでその場で一緒にラリーに参加している気持ちになります

110220_07.jpg

海外ラリーやレースなどのニュースは、世界中のモータージャーナリストが記事にして

インターネットや雑誌などで見ることが出来るけど

実際に出場している選手達のナマの話はそれ以上に面白いですね


今回のダカールラリー2011では日本車、日本人が活躍したレースでしたが

そうした事もあまり日本のマスメディアでは大きく取り上げられません、これは残念ですね~

暗いニュースばかりのこの時期なんだから、こうした明るいニュースはどんどん取り上げて欲しいよね


たぶんね、多くの人がモータースポーツの楽しさ、凄さ、素晴らしさを理解してないからなんだよね

でもこの素晴らしさを解りやすく教えるのが、マスコミに所属するジャーナリストと呼ばれる方々の仕事だと思うし

またメーカーもそうしたジャーナリストを育てるように投資して

自分達の製品をアピール出来る環境を作らなきゃね、せっかく良いもの作ってるんだし


おっと、愚痴はいかんいかん


今のダカールラリーは昔のダカールラリーとは違い

ある程度サポート体制を整えてないとレースを進めるのが困難なようです

そういえば、走ってるライダーとかって、バイクに載ってる装備もライダーが身につけてる装備も軽量だなぁ~

そう考えると、誰でも出れるけど、ある程度の資金と人材(チーム)が必要になるようで

そういう意味ではハードルの高いレースなんだなぁ~っと思いました


最後に、再びアフリカでレースは再開出来るか?の問いは・・・

国政の問題があったり治安の問題があったりと、まだまだアフリカに帰るのは難しいようだ

まぁ、オイラはアルゼンチン~チりの方が見ていて楽しいけどね~

110220_09.jpg

スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

BSEC 2011 Round 1

2月12日にイギリスのウェールズを舞台にBSECの第一戦が開催されました

BSECの略はBritish Sprint Enduro Championshipですね

え~ウェールズといえば自然豊かな美しい丘を思い浮かべますが

映像を見ますと、背景にはその美しい丘が映ってました


More Motocross Videos


このレースのリザルトはこちら

Results Round 1
1, David Knight, Britain, KTM
2, Tom Sagar, Britain, KTM
3, Greg Evans, Britain, KTM
4, Simon Wakely Britain, Husaberg
5, Jamie Lewis, Britain, KTM

Results Round 2
1, Tom Sagar, Britain, KTM
2, David Knight, Britain, KTM
3, Greg Evans, Britain, KTM
4, Daryl Bolter, KTM
5, Jamie Lewis, Britain, KTM


やはりDavid Knight選手は強いよね~

110216_01.jpg


レースには新しいハスクのマシンが走ってたり

110216_02.jpg

TMがいたりと見てて楽しいですね

110216_03.jpg


ただ悲しい事にこのレース、ほぼKTMが独占してます

なのでスポンサーにハスクがありながら映像はKTM中心となってます

ハスクがんばれ!

こちらの映像は16分の長編で見ごたえ十分で

ライダーの走りがカッコイイです、惚れます!




こう映像を見てると、最近のエンデューロバイクって

特にこうしたスプリント系のエンデューロやクロスカントリーなどに出ているバイクって

ごっついハンドガードが付いてないんですよね

昨今のレバーは動きが改良されて折れにくい構造になっているからかもしれないんだけど

いわゆるバークバスターというのを使っている人が少ないんですね

もちろんエクストリーム系のエンデューロは別ですが…

やはりハンドルが重くなるのを嫌う傾向にあるのかな~って思っちゃうんですが

どうなんでしょうかね

それにしても楽しいところを走ってますよね~

あぁ、ビデオみて悶々としてる場合じゃないなぁ~

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

Hell's Gate 2011

またまた今年もイタリアでは地獄の門が開きましたよ~

そうです、非常に過酷で名高いエンデューロ「Hell'sGate」の登場です


2月12日に開催されたこのイベント

まだ情報は少ないので詳細は分からないんだけど

映像は手に入りました



見てるだけで楽しいですね

オイラも挑戦してみたいセクション多しですね~

バイク壊れると思うけど・・・

このレースの特徴はレースの時間が長いこと

夜のセクションなどは死角が多くなるのでめちゃ危険です

でもそこがこのレースの見所の一つで

バイクのライトとヘルメットライトを頼りにアタックしている姿は感動的です
(コースを照らす照明もあるけど、影が出来るので余計に怖そう・・・)

興味があるひとは、オフィシャルサイトを覗いて見てね

http://www2.hellsgate.it/cms/index.php?option=com_frontpage&Itemid=1&lang=english

jarvis350.jpg

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

わーい雪だ!

3連休なのに天気が悪いですね~

関東地方では雪だそうで

我が家のまわりにも例外無く雪が降り始めました

でも午前中から降るもなかなか道路には積ってこない…

案外外は暖かいのかもしれないなぁ~

っと思っていたら、午後3時頃になってようやく道路が白くなってきた!

ウシシシ!

オフロードライダーたる者、この遊び道具を前に走らずにはいられない…

きっと道路はチュルチュルすべって楽しいに違いないぜ!


早速KLX125を出してみる

110211_01.jpg

以前雪が降った時も前に乗ってた通勤スペシャル4号で近所の雪道を遊んでみたが

あれはタイヤが小さく、もともとハンドリングがクイックだったから

かなりスリリングだったよね、楽しかったケド

ただ走破力が高くなかった、当たり前か!

でもこのKLX125は期待できるなぁ~


道路はうっすらと雪が積もってるくらい…

もうちょっと積ってるかと思ったけど…


とりあえずご近所ツーリング

う~ん、大通りは積ってないなぁ~

なるべく雪のある所探して走ったけど

110211_02.jpg

この程度の雪ならタイやがグリップちゃって面白くないなぁ

KLX125はD605というタイヤを履いてるが

KLXのプアーな、いや失礼

マイルドなパワーのために急激にトラクションが失われる事は無い
(もともとこのタイヤは公道でかなりグリップするんだよね~)


雪はまだ降ってるから遊ぶなら明日の方がいいかもな~

110211_03.jpg

KLX125のノーマルマフラーはとても静でご近所をグルグルしても迷惑かけずコッソリ遊べるからいいよね~

110211_04.jpg

明日も雪があったらチュルチュル期待してご近所を走ってみようっと

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

2011 AMA Hare & Hound - Round 1

今更ですが、先月行われたAMA Hare & Hound - Round 1の模様について

Hare & Houndと言えばカリフォルニア、アイダホ、ユタ、ネバダで

行われるクロスカントリーレースですね

毎年年間10戦ほど行われてます

その第1戦はカリフォルニアのLucerne Valleyという所、カリフォルニアの南の方でしょうかね

行われました、その映像がカッコよかったのでご紹介です



石のゴロゴロした砂漠ですね、ここは

基本、平坦な道が多いんでしょうか?みんな爆走してます

優勝したのはDavid Pearson選手ですが、このレースの前に撮られたインタビューがこちらです



支援してくれるスポンサーの紹介コメントは最初に紹介した映像にもありましたが

スポンサーを大切にするプロライダーなんですねぇ~言わされてるのかもしれないけど…

もう少しスポンサー様のホンダから手厚いサポートが受けれたら

もう少し綺麗なバイクを維持できたかもね~


ライバル?それともお友達?のKurt Caselli選手はKTMに乗ってますが

サポートが良さそうでバイクがピカピカです



この方はレースではリタイアされてたから、この勝負ホンダの勝ちですが…

それにしても木の枝使ってジャンプする演出は頼まれてやってるのかな?

David Pearson選手も同じ事やってたぞ


レースのリザルト見ると結構カワサキ勢が強くて

実はカワサキが一番熱いのでは?っと感じてしまうのです


コースの感じがわかる映像がこちら



このライダースタートで失敗したのか出遅れてるぞ

まるで去年のJNCC-R5月山の時のオイラの様だ…



さて、2月13日に、え~もうすぐですね

第2戦がRidgecrestという所で行われます

これもカリフォルニアですが…

AMA Hare & Hound のオフィシャルサイトはこちらなので

http://www.nationalhareandhound.com/index.html
興味がある方はチェックしてみてね

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ワルハタ

Author:ワルハタ
FC2ブログへ引っ越してきました。
以前のブログでは「はっちー」と名乗ってきましたが、FC2ブログでは既にこのブログネームが使われてる様子・・・
そこで、「ワルハタ」と改名しました。

妻あり、子ひとり、住宅ローンあり、お小遣い月1.5万円のビンボーライダーですがよろしく。 :゙;`;:゙;`;・o(ロ≦〃)
JNCC COMP-Aクラスで下の方を走ってます、レースで見かけたら声かけてね!

最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1073位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
497位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。