スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダカールラリー 2010 映像集

世界最大の草レース、ダカールラリーが今年も無事に終わりましたね

って言っても舞台はアルゼンチンとチリ

バイクのレギュレーションが大幅に変更されてKTMとオーガナイザーが大揉めでしたが

その後どうだったんだろうか?


世界でも優秀なオートバイメーカーが4社もひしめく日本ではあるものの

残念ながらモータースポーツってあまりTV放送(メジャーで)してくれない

多すぎるお笑い番組をすこし削って、ちょっとくらいこういうのTV放送してほしいなぁ~

っと思っている皆さんのために

今年のダカールラリーの模様をYouTubeでまとめました

ナレーションは英語ですが、英語がわからなくても大丈夫

ライダーなら彼らのすごさが映像で理解できます

個人的にはアフリカを走るダカールラリーよりもこちらの方が見てて楽しいと思うのですが

皆さんはいかがかな?

お時間のある時にどうぞ・・・




2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月1日 Stage 0



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月2日 Stage 1



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月3日 Stage 2



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月4日 Stage 3



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月5日 Stage 4



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月6日 Stage 5



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月7日 Stage 6



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月8日 Stage 7



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月9日 Rest Day



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月10日 Stage 8



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月11日 Stage 9



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月12日 Stage 10



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月13日 Stage 11



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月14日 Stage 12



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月15日 Stage 13



2010年ダカールラリー アルゼンチン~チリ 1月16日 Final Stage 14



スポンサーサイト

ホンダドリーム大田店に行ってきました

友人Iが勤めるホンダドリーム大田店に行ってきました




目的はバイクを買うわけではなく




去年末に友人Iが年忘れEDに出場した模様をザクティーで撮ったんで、




それをDVDに焼いたので渡しに・・・






実はホンダのお店に来たのは久々なんだよね~




友人Iには申し訳ないが、最近あんまりホンダとご縁がないのですよ・・・





ナイス・サーティーズ-100124_01





さてレプソルカラーのCBR1000がお店の入口に飾ってました、とてもクールですね




これは限定カラーなんでしょうかね?




ナイス・サーティーズ-100124_02




お店に入って店内を見渡す限り、オフ車は見当たりません、残念




でもオイラにとって今のホンダは知らないバイクばかり




新しいバイクを眺めるのはちょっと楽しいです






まず目を引いたのは、アメリカンバイク




TV1300CX?




これノーマルなのかな?




初めからチョッパーカスタムって感じです





ナイス・サーティーズ-100124_03




相変わらずホンダらしいと思ったのは、この空冷っぽい水冷エンジン




デコレーションが施されてて、エンジンがデカイです




ヘッドにはプラスティックカバーが付いてるけど




プラスチックって感じさせない品質も相変わらずホンダらしい





ナイス・サーティーズ-100124_04




ホントこのアメリカンバイクは細部まで、よくデコレーションされているなぁ~っと感じましたね




特にタンクの形(プレス溶接されてる所がなかった、これはアルミタンクか?)とか、マフラーとか、




メーターの形など、そのままオートサロンに出品できそうな感じ




試乗車があったのでまたがってみたよ




またがってるのは友人H




アメリカンってやつはポジションが楽なバイクなんだと勝手に思ってたけど




これは意外と肘を伸ばしてハンドル握るポジションで、それほど楽そうには思わなかったね




このバイクの価格は約120万円、安いか高いかよくわかりません





ナイス・サーティーズ-100124_05




こちらはオートマバイク




車名は・・・忘れました




仮面ライダーディケイドが乗ってるやつです


ナイス・サーティーズ-100124_06



魅力があるバイクかは別として、技術のホンダを感じさせるバイクです




当然クラッチレバーもシフトレバーもこのバイクには存在しません




リアは片持ちですね





ナイス・サーティーズ-100124_07




さて、再び店内でソフトドリンクを御馳走になって




グッズを物色・・・





ナイス・サーティーズ-100124_08




こんなイカしたホンダのマグカップが売ってました




持金なくで買わなかったけど、ホンダファンにプレゼントすると喜ぶアイテムだよね





ナイス・サーティーズ-100124_09




エアバッグベストを発見




転んだ時に膨らんで体を守るあれです




価格は2万5千円、これなら手が届きそうな値段だね




ツーリングするなら良いアイテム





ナイス・サーティーズ-100124_10



残念ながら持ってきた自主編集DVDはあまり見ず、友人おススメをDVDを見ました




それは白バイのテクニックビデオ


ナイス・サーティーズ-100124_11



基本的にはジムカーナ的なテクニックがメインですが




VFRの白バイならではの走りをしているようにも感じました






お~!っと一番感じたのはオフロードでの風景




TLM220でトライアル走行とフープスの無いモトクロス走行してるんだけど




結構上手いんです、自分も頑張んなきゃっという気持と




白バイ隊員なんかに負けるか!っという思いがこみ上げてきて




ちょっと彼らのテクニックに嫉妬してしまいました





ナイス・サーティーズ-100124_12




そそ、モンキーがインジェクションになったんですよね~




モンキーの可愛さそのままに環境に配慮されました




もうしばらくモンキーの歴史は続きそうですね





ナイス・サーティーズ-100124_13





ナイス・サーティーズ-100124_14




ただ、限定モデルと言えども、28万円は高いぞ~




勝手放題言いまくって、お店を後にしました




お金にならない迷惑な客でごめんなさい






お店での話で、次世代XRの販売について話題になったけど




友人Iの話によるとその現実性は結構遠い話のようで・・・




オフロード車の開発はアメリカという大きな市場が無いと進まないんだそうな




アメリカの景気が今は悪くて、アメリカ人はレジャーにお金を使わないんだそうな




CRFなどのMXレーサーの売り上げも下降気味




そんな市場が収縮している今、XRを新開発して販売する話が社内でとん挫しているんだってさ




残念な話だね~

アイスランドでのKTM漁

綺麗でのどかなアイスランド




今日はアイスランドで行われているKTM漁を紹介します





ナイス・サーティーズ-100115_01





地元の漁師の皆さんです




KTM漁は寒い冬の季節、早朝に行われます





ナイス・サーティーズ-100115_02




秋にしかけた網にKTMがかかっているか




海面の氷に穴をあけて潜って調べます





ナイス・サーティーズ-100115_03




見慣れたいつものKTM漁の風景ですね




KTMは1台150キロを越えるものがあるので




かかったKTMを釣り上げるのに特別なユニックを用意します





ナイス・サーティーズ-100115_04




潜った漁師さん達が帰ってきました




どうやら獲物がかかっているようです




それにしても漁師さん達、寒そうですねぇ~





ナイス・サーティーズ-100115_05




獲物を釣り上げるため早速ユニックをスタンバイしていきます





ナイス・サーティーズ-100115_06




網を引き揚げるとかかったKTMがあがってきました


ナイス・サーティーズ-100115_07






ナイス・サーティーズ-100115_08



これは活きの良い450SX-Fですね




漁師さんも大満足のようです




ナイス・サーティーズ-100115_09




釣られたKTMは早速、オーストリアのバイク工場に運ばれ




一旦バラシテから再度組み直し、出荷されるんだそうです


ナイス・サーティーズ-100115_10





こうしてKTMって皆さんの所に届くんですね~






自然の恵みに感謝したいですね~






(フィクションです)









復帰まであと一歩 リハビリを開始しました

リハビリに行ってまいりました




まずは肘から下が現段階でどのくらい機能しているか確認をして




リハビリのメニューを決めるんですが




手首はほとんど動きません






う~ん、このままでバイクに乗るなら、まずアクセルはかなりのハイスロにする必要があるな






続いて握力




握力も18キロしかなかった・・・






試しに左手をやったら、59キロあったよ




昔よりも6キロアップです






右手は70キロ超えてたのに、1/4にまで落ちるとは・・・






しかし本当に手首がガチコチで、食事も箸は持てるものの手首が動かないから食べ物が口まで運べない




これは相当リハビリがんばらないと直ぐに復帰は出来ないなぁ~






ちょっと焦りが出ましたよ・・・



手首の靭帯を怪我するとホントに厄介です (その後)

今更ですが・・・




あけましておめでとうございます!今年もよろしく!




ナイス・サーティーズ-100110_01



この犬は我が家で預かっているチワワです




独占欲が強く、人見知りで甘えん坊ですが、オイラにはよくなついてます






さて、骨折した手首も新年を迎えてようやく固定ワイヤーが抜けました




これをやらないとオイラの新年は始まりません






下の写真は靭帯修復手術をした後、1週間経った頃のものです




骨折したのが昨年の11月1日、転んだ時は手首の痛みは酷かったですが




その時は11月22日に開催されるAA-GPまでには治ると思ってました




それほど深刻な怪我だと思ってなかったのです






怪我をした翌日、痛みが引かないので、近くの形成外科に行きました




診断は骨折、もしかしたら脱臼も・・・っという結果でした




手は小さな骨が集まる集合体なので、単純な骨折かどうかの判断が難しく




大学病院にある手専門の外科「手外科」でさらに詳しく診断して欲しいと




提携している大学病院を紹介してもらいました




早速その日のうちに大学病院に向かい診察を受けたのですが






ナイス・サーティーズ-100110_02





その診断の結果、骨折、脱臼、靭帯断裂と面倒3兄弟の怪我で




しかも手術+入院付きという豪華なフルオプション付きの内容でした




AA-GP出場なんて到底無理な話です、凹みました~




でもそれでも前を見ないと何も進みません




大学病院の先生からは怪我して直ぐに来てくれてよかったとしきりに言われました




骨折よりも、脱臼よりも、靭帯の損傷は時間がたつほど手術でも復旧しにくいのです




靭帯はゴムを束ねた様なものらしく、それをそのままにすると




切れた靭帯が他の細胞と癒着してしまい、そこの靭帯は使用できなくなるのです(その場合、靭帯移植で治します)




靭帯は完全に切れると自然には治らないので




オイラも例外なく手術でつなげる方法で治療をしていくこととなりました






手術は怪我の診断後直ぐに行われました




っと言っても怪我をしてから計算すると1週間後の事です




まずは小さくメスを入れて関節鏡を入れ、手首の靭帯の損傷具合を見ます




そこで術方を決めて本格的にメスを入れます






オイラの場合、靭帯だけでなく、筋までズダーンと切れていたようです




メスで手首を開けて骨の位置を整え、そして骨にチタン製のアンカーボルトを埋め込み




そこに靭帯を結んでいきます




エンジンのシリンダーを開けた後のボルトを締める順番があるように




この靭帯を結ぶのも均等にテンションをかけるために順番があるそうです




最後に修復した靭帯と骨を固定するため、ステンレスワイヤーで外から骨を貫通させてズブリです






ナイス・サーティーズ-100110_03





切れた靭帯の状態は酷かったようですが、難しい手術では無かったという事で手術は無事に成功




やはり怪我をしてから早目に手術したのが良かったようです




さらに1週間違うとまた状態は違うようで、早く靭帯修復手術をすればするほど




術後の経過は良いようです、これは不幸中の幸いでした







入院は4日間、全身麻酔の手術だったため、術中の痛みは無いものの




術後に麻酔を体内から抜くのに、点滴で強制的に水分を取らされ、




カテーテルで尿道から薬を尿と一緒に強制的に排出させられます




そしてそれを24時間行うので、お腹空いてくるし、寝たきりだし、時間が長く感じるしで




その時の状態は辛かったです、手術は部分麻酔に限るなっと思いました




ですが、この手の手術はすべて全身麻酔が必要なようです






それから7週間、右腕は肘まで覆うシーネ(ギブス)で固定され




3日に1回は病院で突き出たワイヤーで皮膚が化膿しないように消毒を定期的に行う必要がありました






ナイス・サーティーズ-100110_04




消毒を受ける度に、そしたこの刺さったワイヤーを見る度に




人体ってすごいと思ったし、こういう治療を考える医者もすごいなぁっと感心してしまいました




そしてこの右腕フランケンシュタイン




電気通したら、腕が勝手に動くんじゃないかっと馬鹿な事を考えちゃいます




ナイス・サーティーズ-100110_05





で、今年に入りいよいよこの忌々しいワイヤーを抜く事になりました




骨折してから約2カ月、手術後7週間、やっとここまで来ました




嬉しい気持ちはあるのですが、心配なのがワイヤーの抜き方です




ワイヤーを抜くのに麻酔は使わず、ペンチで一気に抜くそうです




なんか痛そう・・・




でも先生は痛くないよ~って言ってました




経験があるのか聞いたら、本人は無いけど、他の患者がそう言ってたっと・・・




う~ん・・・




ナイス・サーティーズ-100110_06





痛みを心配してもやらねばならんのです




早速医療用ペンチで先生がグリグリとワイヤーをまわし始めます




不思議とまったく痛くないんです




そのまま釘を抜くような感じで、ワイヤーは抜けました




こんな物が入ってたんですね~




普通に針金です




骨に埋めたチタンアンカーはそのまま人体に残ります




ナイス・サーティーズ-100110_07





ワイヤーを抜いて3日も経つと、ワイヤーが刺さった手首の穴も塞がり




2月半ぶりにお風呂で湯船に入れそうです




ナイス・サーティーズ-100110_08





ナイス・サーティーズ-100110_09




靭帯が定着するのは時間が必要だったため手首をシーネで固定していた期間が長く




そのため今の手首はほとんど動きません




これからリハビリで頑張ってまたしなやかに動く手首にしていきます






去年のJNCCは仕事などの条件と怪我で6戦ある内の4戦しか出場出来なかったけど




結果COMP-CBクラスで年間ランクで30位以内に入ったので




今年から目標だったCOMP-Aクラスで走れそうです




そのためにはまずはリハビリ




1にも2にもリハビリやって




2月中旬に通勤スペシャルでバイク通勤を復活させ




3月下旬からコース練習に入って




4月に復帰戦でJNCC-R2の阿蘇大会出場という




大きな目標を持って頑張るつもりです





ナイス・サーティーズ-100110_10




これ以上バイクに乗れない生活していたら




仕事のストレスを発散できないよ~




生きて行けないよう~




っと言うのが今の本音です




今年も色々頑張ります!





カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ワルハタ

Author:ワルハタ
FC2ブログへ引っ越してきました。
以前のブログでは「はっちー」と名乗ってきましたが、FC2ブログでは既にこのブログネームが使われてる様子・・・
そこで、「ワルハタ」と改名しました。

妻あり、子ひとり、住宅ローンあり、お小遣い月1.5万円のビンボーライダーですがよろしく。 :゙;`;:゙;`;・o(ロ≦〃)
JNCC COMP-Aクラスで下の方を走ってます、レースで見かけたら声かけてね!

最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
567位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。