スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東からまたコースが消えた (凸凹ランド)

とあるブログを見てて・・・




あぁ、知らなかったよ。




印西市にある凸凹ランドは今年いっぱいで営業終了するのね・・・




楽しいコースだったのに・・・




課題も多くくれたし、その課題をクリアする事で上達もした。




思い出のコースだったねぇ~




色々事情はあるのだろうケド・・・




残りの時間はまだあるので、それまで走りに行こうっと。




凸凹ランドのHPはこちら↓


http://www11.plala.or.jp/dekoboko/







スポンサーサイト

WEC最終戦(フランス) 

いやぁ、今年もWECがフランスの最終戦で幕を閉じました。




フランスと言えば、非常にテクニカルなコースでライダー泣かせ。




スリッピーかと思えば、ロックセクションが出てきて、また斜面が急だ。




まさに世界エンデューロ選手権の最終戦にふさわしい。




E1クラスの走りが本当にファンタスティック。




すごいよねホントにエンデューロライダーって




非常にトリッキーなセクションを走ったかと思えば、




大ジャンプも楽々こなす。




たいしたもんだ。




ロックセクションではE2クラスのライダーも苦戦してるよう。




でも草原を走るのは気持ち良さそうだなぁ。




とにかくみんな速いよ、鬼っ速!




あんなふうに走れたらいいなぁ~




世界エンデューロ選手権最終戦の映像はこちら↓でどうぞ


http://www.dailymotion.com/video/x32tbg_enduro-wec-2007-france-noiretable-d


http://www.dailymotion.com/video/x32tmb_enduro-wec-2007-france-noiretable-d_fun



KTMがファラオラリーを制す!

海外では、ファラオラリーが終わったようで・・・




勝利したのはKTMを駆るチームレプソル。




071010




優勝したライダーはMarc Comaさん。

彼のHPはこちら↓


http://www.marccoma.com/




3度目の優勝らしい。




このファラオラリーでは他のライダーでもKTMで好成績を収め




改めてKTMのサポート力と、そのポテンシャルの高さを知ったよ。




KTMは本当にオフロードバイクに本気なんだね。




ちなみにこのファラオラリー、参加者からすると単なるダカールラリーへの


準備に過ぎないらしい。




ココで体を慣らして、本番はダカールラリーと言うわけだ。




連続参加なんて、とてもプライベーターではお金がかかって難しいよね。




夢追い人か、資産家しかチャンスが無いよ~




砂漠を夕日を見ながら走るってどんな感じなんだろうか?




想像するだけでドキドキするね。




まぁ、速い人は夕方前にキャンプ地に着くんだろうケドさ。

東筑波ユートピア、オフロードコース

3連休はやはり各オフロードコースはイベントがあって


フリー走行が出来ません。



なので、今回は新規コース開拓ということで


東筑波ユートピア
という所に行ってきました。




なんとオフロードバイクのトレッキングコースがあるとか・・・



早朝から常磐道を走って遥々茨城までやってきましたよ~



東筑波ユートピア_001




山深い道を走ると、東筑波ユートピアに着きました。



東筑波ユートピア_002




一見すると、やはり山の動物園なんだけど・・・



東筑波ユートピア_004




東筑波ユートピア_003




あ、でも看板があるから大丈夫か、とりあえず受付を・・・

コースを使用できて、なおかつ遊園までOKで

1000円とはリーズナブル!



東筑波ユートピア_005




途中に4WDコースがあって、その上がバイク専用コースだと説明された。

フムフム、全長3キロってどんだけ?

45度のヒルクライムというのが過激で楽しそうだ。



とりあえず、車からバイクを下ろさにゃならんので、


車の駐車場所を聞いたらどこでも良いよと・・・


いやぁ~そうはいかんでしょう。



一般のお客さんの車の前でバイクやら何やら下ろせないよ。

そしたら上の駐車場を使ってくださいと言われた。



東筑波ユートピア_006




まぁ、ここなら、一般のお客さんに迷惑にはならなそうだ。

でも他のバイクで遊びに来る人はどうすんだろう?

3台分しか駐車スペースがないよここ。



まぁ、いいや。



東筑波ユートピア_007




おや、ココがバイク専用の入り口かな?



バイクを下ろして準備万端です。



東筑波ユートピア_008




では行きましょか~

って早速ウチの奥さんが挫折。



バイクコース入り口がチョイ獣道チックで怖くて走れないというのです。

しょうがないから、オイラだけ様子を見に行くコトにしました。



その獣道もほんの数メートルで終わりで車も走れる道に出ます。

それならもう少し道を均してやればいいのに・・・



まぁ、こういうの嫌いじゃないし、むしろ好きだからオイラはOKよん。

でも、初心者には辛いかな。



コンクリを流した坂を上ると時折、ダートになります。



東筑波ユートピア_009




看板発見。

フムフム、それじゃぁ、上級者コースは後にして、

先に進みますか。



東筑波ユートピア_010




再び、看板。

おぉ、ようやくオフロードバイク専用コースになるのね?



ん?ん?ん?



あれ?おわり?

コースむちゃくちゃ小さいです。

おかしいなぁ、こんなもん?



あの上級者のコースは45度のヒルクライムだったな確か・・・

行ってみるか・・・



東筑波ユートピア_011




う~ん、全然45度もないぞ、普通に上れるし。

下はコンクリ流してるからトラクションするし・・・



他に初心者向けのコースもあったが、かなり小さい


(直線で2速がフケきらない)

とりあえず、車に戻る。

ウチの奥さんには、初心者コースも説明したが、

今日はもうモチベーションが上がらないとの事。



オイラはもったいないので、もう少し走ることに・・・

しかし、コースが狭い&小さいので直ぐにグルグルしてしまう。



なおかつ、斜面にコンクリが所々あるんで危ない。

特に驚いたのは、このオフロードコースに送迎バスが走ります。

実は山頂にパラグライダーのジャンプ場があるんです。

そこに人を送迎してるみたい。

だから斜面にコンクリがひいてあるのね。



しかし、コース走行中に送迎バスとは・・・

危険だ。

なおかつパラグライダーのジャンプ台、思いっきりバイクコースの

外周コーナーです。

パラグライダーのお客さん、そこに茣蓙をひいてました。

思わず絶句・・・



無理でしょ、コース走行。ココでは。



ちなみにこの日、ツーリング途中で寄ってきたという

ライダー3人もいました。



色々話ししてそっちの方が楽しかったかな。この日は・・・

でも、ココはやはりオフロードコースという感じじゃないですね。



ツーリングで寄って動物見て、ちょっと頂上まで走ってみるというのがいいでしょう。

1時間も走らないで十分お腹いっぱいです。



その後は、せっかく来たので動物を見て帰りました。



東筑波ユートピア_012







小林直樹のマジックライディング! (Garrrr books)/小林 直樹



¥1,260

Amazon.co.jp



ギアオイル交換

125EXCもようやく慣らしが終わったので

ギアオイルを交換することにした。



KTM125EXC_046




ギアオイルには特にコダワリがないので

値段も手頃のヤマハのギアオイルを今回は使う。



KTM125EXC_047




ギアオイルを抜くのに当然ドレンから抜くのだけど

125EXCには左右1個ドレンボルトが付いてる。



とりあえず今回は右側からオイルを抜く。



KTM125EXC_048




バイクのスタンドは左についてるから当然バイクはスタンドで

左に傾いている。

それで右側のドレンから抜くのだから、

オイルがきれいに廃油受けに垂れない。



フレームとスキッドプレートの間にオイルが・・・

すぐに右側に倒して被害は最小限で済んだが、ビックリした。



やはり左のドレンから抜くのがセオリーなのかな?



とりあえずオイルを抜くだけ抜いた。

でも右側のドレンも開けてみたかったから、開けてみたよ。



KTM125EXC_049




ぬぉぉ・・・オイルが・・・



KTM125EXC_050




こっちからもオイルが出るということは、キチンとオイルを抜くには

左右のドレンは必要なんだな。



でも正直、左側の方がオイルを抜くのが難しい。

少し上の方についてるから、オイルが右側以上に

もろにフレームとスキッドプレートの間に落ちてしまう。。。



そそ、もう一つ発見。

左側のドレンボルトにはマグネットが付いてる。

やはりオイル交換の時にはコチラも開けて整備することが大切だろうな。



KTM125EXC_051




こんなに鉄粉が付いてました。

ちなみにこの左側のドレンボルト13ミリでした。

ここでも13ミリ登場です。



KTM125EXC_052




キレイに清掃するとこの通り。



後は、ギアオイルを0.7l入れれば作業完了です。



KTM125EXC_053




ギアオイル入れすぎ注意。

写真のボルトを外してオイルが出たら満タンの証拠。

レベルゲージは無いのでオイルの微量はココで見ます。



さて、ギアオイル交換完了。


早くまた走りに行きたいな~





カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ワルハタ

Author:ワルハタ
FC2ブログへ引っ越してきました。
以前のブログでは「はっちー」と名乗ってきましたが、FC2ブログでは既にこのブログネームが使われてる様子・・・
そこで、「ワルハタ」と改名しました。

妻あり、子ひとり、住宅ローンあり、お小遣い月1.5万円のビンボーライダーですがよろしく。 :゙;`;:゙;`;・o(ロ≦〃)
JNCC COMP-Aクラスで下の方を走ってます、レースで見かけたら声かけてね!

最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
530位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。