スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Enduro News

日本ではまだまだマイナーな存在であるエンデューロ。




JNCCとかで頑張っていると言われても、




やはり日本でのマイナー感はぬぐえない。




オイラがたまに出場する草レースである3時間エンデューロ・レースなども




実は本当のエンデューロ・レースではない。




どっちかというと、ヘアースクランブルと言った方が近い。




エンデューロはヨーロッパのスポーツだ。




コースレイアウトはモトクロス的なのとトライアル的な要素を含む。




エンデューロはコース距離が長い、そして区間タイムを競い、




マシンの耐久性と、ライダーの整備能力も問われる総合格闘レースだ。




日本では「日高2ディズエンデューロ」がこの形式のレースを行っているぐらいか・・・




まぁ、そんなマイナーなエンデューロ・レース。




情報は日本からのが本当に少ない。




本格的なエンデューロ・レースをやってる人口が少ないからね。




だから、世界のエンデユーロ事情はどうなんだ?と思ったとき、




やはり海外のサイトを見るしかないのだ。




まぁ、正確にはヨーロッパのエンデューロ事情なんだけどね。




そこでオイラがよく見るのがこのサイト






http://www.enduronews.com/


Enduro Newsドットコム






ここでヨーロッパでのエンデューロ事情がよくわかる。




最近見た記事では、環境の事が書かれていた。




自然の地形を利用して行われるレースだけに、




こうしたイベントが盛んなヨーロッパであっても環境は厳しくなるつつあるようだ。




「Frost finds form in the forest」と題した記事では、




Affpuddleの森の近隣で暮らしている数人の人から




レース開催への強い反発があったと書いてあった。




森の近隣で静かに暮らしといる人達にとって




側でレースをやられたら騒々しくてかなわん!っと言う事なのだろう。




そこでレース主催者は、テストコースで騒音テスト行ったらしい。




結果は森の出口で52db、コースサイドで72db。




問題ないレベルではある。




結果このイベントは問題なく終了したが、問題なく終了したのには




エントリーしていたすべてのライダーが騒音に関しての認識が高く、




誰一人違法な騒音を出すライダーがいなかったことだ。




環境問題で騒がれる中でこのようなイベントを続けるには




主催者も参加者もこうした事に関心を持つ事が必要なのだろう。




ちょっと気になったのは、ヨーロッパのEDマシンが未だに2stが多いことだ。




KTMは2007年をもって2stの販売を打ち切るらしいが、向こうの多くのライダーが




未だに2stに乗っているのが意外だった。




アメリカではワークスのMXマシンはもうほぼ4stに移行してしまっているのに・・・




しかし、こうしたスポーツを楽しみたい人達と環境を守りたい人達、






両方を満足させることは出来ないだろうか?




世界トップクラスの自動車メーカを輩出する国に住んでいながら




モータースポーツに無関心な人が多い日本では、




クリアしなければならないハードルはヨーロッパ以上に多いんだろうな・・・





スポンサーサイト

買い物バイク XR100

去年、通勤用に買ったXR100。




しかし買った後、仕事の都合で通勤には使わなくなってしまった。




通勤はもっぱら電車です。




せっかく買ったのに乗らないのはもったいないので




我家では買い物バイクとして使ってます。




この時季、ウチの奥さんが花粉症のためバイクでの買い物を渋るが




こうも暖かくなると、オイラがバイクに乗らずにいられない。




ほら、例の病気にかかってるんで・・・




天気が良くて暖かい日は、なるべくバイクで買い物に行きます。




買い物は奥さんと一緒に行く事がほとんどなので、必然と2人乗りのXR100になります。




友人であるバイク屋店長からは「XR100で2人乗りは変態がやる事だ」っと言われたが




オイラは変態なので気にしません。




XR100_07mar01



写真はウチの奥さんがまたがってますが、これに2人乗りです。




スペース的に余裕ではないものの、窮屈ではありません。(男2人はわからないけど・・・)




買い物の荷物はキャリアにつけたボックスに入れます。




このボックス、ライブDIOのメットインスペースぐらいあります。




普通の人は思うでしょう、通勤や買い物に使うなら断然スクーターだろう、と。




ハイ、重々承知してます。




XR100の前はリードを90、100と2台ほど続けてスクーターに乗ってました。




確かにスクーターの積載能力はすばらしいものがあった。




しかぁ~し!




ちょっとした走行時間でもクラッチにぎってシフト・アップ/ダウンしたいのだよ。




いつの間にか変速してちゃ駄目なのよ。




回転数はオイラが決めるぜ。




それがバイクに乗るって事じゃないのかね?








この前本屋に行ったときにXR400モタードが停まってたので、




横に並べてオイラも停めました。




XR100_07mar02



スモールライトで小さくしたように見えるXR100。




か、かわいい・・・




オーナーはちょっと誇らしげです。






XR100_07mar03


オートバイカラオリタラシンジャウ病

オートバイカラオリタラシンジャウ病




そんな病気があることをすっかり忘れてた。




このまえ床屋に行った時、待っている間に「Dr.スランプ アラレちゃん」を読んだ。




かなり懐かしい・・・




小学生の頃は夢中で読んだよ。




で、手にした単行本の話はペンギン村グランプリ。




子供頃に夢中になって読んだけど、やはりこの歳になるとDr.スランプのストーリは幼稚に感じる・・・




まぁ、時間つぶしにパラパラとページをめくっていました。




ところがこの漫画で昔大好きだったキャラクターに20年ぶりに再会。




それは、オートバイ小僧。




オートバイ小僧



覚えている人はどの位いるだろうか?




彼は「オートバイカラオリタラシンジャウ病」にかかっているので、バイクから24時間降りられない。




バイクは走ってないとバランスが取れない乗り物なので彼は24時間走る続ける(5年間もオートバイをストップさせたことがないそ


うだ)。




だからご飯の時もトイレもすべて走りながらこなす。(ツナギ着てるけど走りながらウンコするんでお尻は丸出し)




じゃぁ、いつ寝るんだ?っと突っ込みを入れたいところだが、この漫画で突っ込みは不要でしょう。




そういう漫画だから。




そして20年たった今でも彼の台詞は、ライダー気質にあふれていた。




いや、20年経って彼の気持ちが本当の意味でわかるというか・・・




話は、景気よく飛ばして走るオートバイ小僧




ところが突然アラレちゃんにさらっと抜かれてしまいます。




「ちょっと油断していただけさ」




再びアラレちゃんを抜かす。




しかし再びアラレちゃんにさらっと抜かれます。




「ほぉぉ、なかなかやるじゃないか、オートバイに命をかけた走りを見せてやるぜ」




オートバイ小僧は時速300㌔で再びアラレちゃんを抜かします。




結局アラレちゃんに再びさらっと抜かれ、それに驚いて事故ってバイクが大破してしまうのですが・・・




彼の唯一のプライドはスピード。




これってライダーなら誰もが経験し、感じる事じゃないかな?




これを読んでいた頃、オイラはもちろんバイクも免許も無い自転車小学生だった。




彼はライダーだから孤独だと言う。(台詞でそんな事を言ってた。)




でもそのライダーの孤独という意味が小学生だったオイラにはわからなかった。




今はよくわかります。




ライダーってスピードにプライド高く、負けず嫌いで、淋しがりやなのに孤独を愛するんだよね。




最後の方でこのオートバイ小僧、フォーミュラーカーに乗るスピード狂の彼女と結婚します。




サイドカーをつけたバイクに二人で乗ってる姿がありました。




そしてオートバイ小僧の最後の台詞。




「結婚っていいかも・・・」




これもライダーの心理をついてるような気がします。




さて、この「オートバイカラオリタラシンジャウ病」




バイクから降るとオートバイ小僧のようにすぐに発作が起こるわけじゃないが




オイラもその病に犯されてる事は間違いないようだ。






















使った絵は広い物です。著作権法などに違反してるようであれば削除しますので違反しているようであればご一報ください。





映画スーパークロス




スーパークロス



HMVでウチの奥さんがあるDVDを見つけた。




そのタイトルは「スーパークロス」




どう?興味あるでしょ?好きでしょ?こういうB級映画




えぇ、大好きです。




見るからにB級なパッケージ、役者もほとんど知りません。




カバーパッケージには「トルク」「ワイルドスピード」を超えるハイスピードアクション!っと書かれている。




比べている映画もB級だけどね。




「トルク」はDVDで持ってるけど・・・




やっぱりそのノリか?




けどウチの奥さんが結構乗り気なのでこのままそのDVDを買ってもらうことにしました。




ウチの奥さんも根っからオフロードバイクが好きなのね。




ちょっと嬉しいです、オイラ。




で、帰って早速見ました。




ストーリーはあまり盛り上がらない感じだったが、結構プロのレースの世界をリアルに描いていると思う。




まぁ、B級映画の域は超えることは出来ないが、バイクが好きな人なら楽しめるかも。




B級映画なので突っ込みどころは満載なのだが、あえて一つだけ言わせてもらうと




CRとCRFの違いはわかるよ。




CRF乗ってて途中でCRってのはちょっとね・・・




映画の時間が80分というのも、この映画の作成費を考えると




監督の台所事情がわかってしまう。




そうした違いがあることは仕方ないのかな?




しかし、オフロードバイクがメインで描かれた映画は数が少ないので




これからもそうした映画が増えて欲しいと思う。

ちょっとケモってきました。 -後編-

眺めの良いお昼ポイントから下ることにしました。




kemo07030419



早速難所。


高低差が1mくらいあります。




kemo07030422



さすがに道先案内人もタジタジ・・・




kemo07030423



迂回する事にしました。


その後急な下り坂を何とか下り、林道出口まできました。


最後で07WR-Fが大コケ。


新車のナンバーはグニャリと曲がってしまいました。




kemo07030424



しかし、ナンバーステ-はチタン製なのでまったく問題無し。


やるな、レアル・イクイップ!


オイラも欲しいぞ!レアル・イクイップのWR-F。


車高調は必要ないけど・・・ちなみにこちらのWR-Fはオーナーが長身のためオリジナルサスのままです。


林道に戻った我々は、林道を走り他のケモ道へ移動します。




それじゃぁ、行きますか。


プスン。


おっとエンスト。


キックしている間にみんな先に行ってしまいました。


しかも猛スピード・・・


あぁ、待ってぇ~




追いついたかと思ったら02WR-Fが崖に落ちてました。




kemo07030425



痛恨のブレ-キング・ミス?


でもオーナーはなんだか楽しそう。


怪我も無い様なので、みんなでバイクを引き上げます。




kemo07030426



バイクも一応点検。




kemo07030427



問題無いみたい。やっぱりオフ車は丈夫です。


再びケモに入りました。




kemo07030428



小川を渡り、再び登ります。


どうも切り株にやられてしまう。



フロント浮かせばパスできそうなんだけど、リアがトラクションしなくてそれもまた難しい状況。




kemo07030430



むなしく後輪は空転してしまいます。




kemo07030429



人がスタックしてる時って実は休憩タイムだったりするのよね。


フロントはとりあえず人力で・・・


その後はすぐに脱出成功。




急勾配の坂が出てきました。


回転を落としてしまったらすぐに止まってしまいます。




kemo07030431



でも回転を上げ過ぎると、今度はリアのトラクションを失い、これまた止まってしまいます。




script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=ros52pA7/x:bZhhVS:hW:fJzgEYFNAcP0YAfbXR5gkIQPB:PgViai:3C:Dx5bhgUVqWZ9rHkSna




?



バランス、ライン取り、そしてアクセルワークが難しいところです。






script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=zws52pA7/x:bZhhVS:hW:goa4o6mIAcX0YAfbXR7fkIQPB:PgViai:3C:EPgzMB1QqWZ9rHkSna?





あえて難しいラインを選んでアタックして遊んでもいいけど。





script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=URs52pA7/x:bZhhVS:hW:aGy/JZmxAc50YAfbXR8dkIQPB:PgViai:3C:/u46Ph15qWZ9rHkSma?



体力が続けばね。




kemo07030435



登ったところで休憩です。




kemo07030437




kemo07030436





滑って、転んで、押して、汗かいて、でもみんな笑顔です。


林道を再び走り、コンビに向かいました。


バイク談義は花をさかせ尽きる事はないけど




kemo07030439




kemo07030438





夕暮れなので、ケモ遊びも終わりです。


なんせ光量不足な車種ばかりなんで・・・




ちなみに今回遊んだコストを計算してみました。




ガソリン代 ハイオク 576円

お昼代 565円

おやつ 252円

合計 1393円




う~ん、リーズナブル。


毎月の小遣いが少ないオイラにはうれしいことです。








カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

ワルハタ

Author:ワルハタ
FC2ブログへ引っ越してきました。
以前のブログでは「はっちー」と名乗ってきましたが、FC2ブログでは既にこのブログネームが使われてる様子・・・
そこで、「ワルハタ」と改名しました。

妻あり、子ひとり、住宅ローンあり、お小遣い月1.5万円のビンボーライダーですがよろしく。 :゙;`;:゙;`;・o(ロ≦〃)
JNCC COMP-Aクラスで下の方を走ってます、レースで見かけたら声かけてね!

最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
567位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。